ちば映画祭

f:id:yu3journal:20170321215715j:image

 

 ちば映画祭のスタッフで参加した。

 

開催日程は『3月18.19.20の3日間』

 

自分は仕事の事情で、【前日の準備・

18日】の2日間参加した。

 

 まずは前日の準備、バルーンの空気入

 

れたり。ハッピーターン食べたり。

f:id:yu3journal:20170321215847j:image

 

受付の装飾をしたりで準備が完了。

 f:id:yu3journal:20170321220013j:image

 

 

18日の前夜祭、早朝から総武線の遅延。

 

代表からのラインで『遅れます。』のメ

ッセージ。

  

 電車が動かない。車内アナウンスを聞こうとイヤホンを外すと、聞き覚えのある声。 代表が同じ車両に乗っていた。集合時間にやや遅れたけど久しぶりに会うスタッフ。皆元気で良かった。

 

自分の 担当は照明係り。

 

 今回  印象に残った 土井美奈子監督の『夜明けごっこ』

 登場人物が岡林信康の『友よ』をボーリング場で歌うシーンが好きで、前回の『憂国』同様に登場人物が"強く訴える"クライマックスへの運ぶ展開が好きだ。

 

 杉作J太郎さんのチョコレートデリンジャー。映画内容+上映後のトーク

"映画は自由であること"などが印象的。

 

 上映後終了後、記念撮影と発売当初、中野タコシェで購入した『杉作J太郎が考えたこと』にサインを頂いた。

 同著者の本にチョコレートデリンジャーに触れたページがあり、まさかその作品上映に携われるとは思いもしなかったな。

 とても貴重な経験できた二日間だったな。